事故車でも買い取り可能 修理して乗るよりお得

普段いくら注意して運転していても、不意にぶつけられてしまうもらい事故によって大事にのっていた車が事故車となってしまうこともあります。 さて、ここで事故車と言ってしまいましたが、事故車とはどこからが事故車となるのでしょうか?

参考:車買い替えたい.jp

事故車という定義は存在しない

① 駐車場の出口でバンパーをぶつけてへこんでしまった
② ぶつけられてフロント部分のフレームが曲がってしまった
③ バイクにぶつけられドアのみがぺっこりへこんでしまった

上記のようなアクシデントに遭ってしまった場合、どの場合が事故車扱いとなるのでしょうか?ほとんどの場合、②と③が事故車で①は事故車ではないんじゃない? と捉えることが多いかと思います。

実はこれ正解は存在しません。事故車には明確な定義付けが存在しないためです。 ちなみに事故車とは事故を起こした際に、警察を呼んで報告し事故扱いとするかどうかとはまったく別のお話です。事故扱いとした場合でも所有者がこれは事故車ではないといえばそれまでですし、事故扱いとしていなくても所有者がこれは事故車だといえばそれが正解なのです。事故車という言葉はそれくらい曖昧なものなのです。

中古車の情報でよく見かける【修復歴あり】とは

中古車情報などを見ていると、相場価格よりもちょっと安い価格がついていて【修復歴あり】となっている物件を見かけます。パッと見はどこをなおしたのかわかりませんから、あまり気にしない方なら、安いからこの車でいいか?とも思えてしまいます。 この修復歴って、言葉の感じからちょっとなおしただけでもそうなるのかも? などと思ってしまいがちですが注意が必要です。

日本自動車査定協会によって定められている修復歴の定義

修復歴は日本自動車査定協会によって明確に定義されていて、中古車販売業者も修復歴が有りかなしかを表示もしくは告知することを義務付けられています。

  1. フロントインサイドパネル
  2. フレーム
  3. フロントクロスメンバー
  4. ダッシュパネル
  5. ルーフパネル
  6. ルームフロアパネル
  7. ピラー
  8. トランクフロアパネル
  9. ラジエターコアサポート

これらのいずれかの部位が、曲がり凹みがあるかもしくは修理跡がある。もしくは交換されている場合を、修復歴ありと定義しています。上記の9つの部位、パッと聞いただけでは素人にはどこなのかわかりにくいですが、ごく簡単にいえば車のフレーム(骨格)にあたる部分だと考えて差し支えありません。

では、先にあげた3つの例のなかでは、どの場合が修復歴ありとなってしまうのかといえば②の場合だけです。バンパーやドアのみの修理や交換であれば、修復歴ありにはならないというわけです。

一般的には修復歴という言葉よりも、事故車という表現のほうがわかりやすいために、場合によっては修復歴ありという車を指して、事故車と表現する場合もあるため混同しやすいわけです。繰り返しになりますが【事故車】と【修復歴】は本来まったく別ものであるといえるのです。

事故を起こしてしまった場合の選択肢

さて、事故を起こしてしまった場合、今後車をどうするのか?
どういった選択肢が考えられるでしょう。

・修理して乗る
・修理せずに乗る ※事故の程度によっては不可能
・修理して売却する ⇒ 次に乗る車を購入
・修理せずに売却する ⇒ 次に乗る車を購入
・廃車にする ⇒ 次に乗る車を購入

これ以外にも、もう車には乗らないというケースもありますね。

修理費用をかけても修復歴あり扱いになる場合

フロントフェンダーだけ、バンパーだけ、ボンネットだけの交換で済むような事故の場合は、修理するにもそれほどの費用はかかりません。近年ではネットオークションなどでもこういったパーツが安価で流通していますし、パーツ持込で取り付けのみでもOKという修理業者も増えてきました。修理して乗るならこういった対応でOKな場合でしょうか。

しかし、修復歴ありとなってしまうような事故では、それなりの修理費用がかかってくるケースが多いうえ、修理してから売却する場合にも、修復歴ありということから売却価格は大きく下がってしまいます。

修理し売却か?修理せずに売却か?

修理費用がどの程度なのかわかった時点で、修理をする前に買い取り査定をしてもらっていくらで売却できるのか調べて見ることをお勧めします。 修理が必要な車(事故車?)でも買い取ってくれる業者なんてあるの?とお思いの方も多いかと思いますが、近年では事故車買い取りを行っている業者も多くなってきています。

というのも、未修理の状態の現状車でも、人気のある車種では需要があることもありますし、パーツとして売却できるケースもあります。 また、海外での需要も大きく、車種によっては安く買えるなら引く手あまたというケースもあるようです。日本車は品質が高く信頼性が高いため、海外でもとても人気が高いわけです。

そして次に乗る車をどうするのか?その費用によっても、いくらで売却できるのかは重要なポイントとなってきますね。そしてこれはもうどうにもならない話ですが、 売却価格は、現在の車を買うときにいくらで買ったのか?そのあたりの気持ち的な部分で整理をつけなければなりません。

廃車にする場合、重量税・自賠責保険料・自動車税の還付がある

車種や車の状態によっては、売却しても納得できる金額とはならない場合もあります。 最低限でも金属の塊としての価値がありますから、まったく値がつかないということはほぼありません。とはいえ場合によっては数千円というケースもないとはいえません。

廃車手続きは、個人で行うとそれなりに手間や費用がかかってしまうものです。 近年では廃車買い取りを行っている業者も増えてきています。こういった業者を利用するのもよい手段です。

ひとつ覚えておきたいのが、ご自分で廃車手続きを行った場合には、 車検時に支払った重量税と自賠責保険料、1年ごとに支払う自動車税など、 残月分がある場合には、後日還付金として還ってきます。 これは買い取り業者に売却した場合にも同様ですが、ほとんどの場合、査定額に含まれているケースが多いです。査定時に確認しておくことをお勧めします。

事故車Contents

COPYRIGHT© 2016 事故車でも買い取り可能 修理して乗るよりお得  ALL RIGHTS RESERVED.